色んな葬儀を知っておこう!

家族や親戚が亡くなった際に、葬儀を取り仕切る方もいるでしょう。ただ、個人だけで葬儀を行うのは難しいため、横浜市などにある葬儀社に依頼する方もいます。その際に、一般的な葬儀として、一般葬や家族葬・直葬があります。しかし、葬儀の仕方は、その他にも様々な方法が出てきているようです。その葬儀について知って、どの葬儀方法を選ぶかを決めると良いでしょう。そのための情報を下記にて紹介しています。今後行うかもしれない葬儀の為に、読んでみてください。

あまり知られていない葬儀の種類

  • 遺骨を海などの自然に還す自然葬
  • 宗教に関係無く自由な葬儀の仕方をとる無宗教葬
  • 自分の葬儀を自身で執り行う生前葬(亡くなる前に行う葬儀)

親しい間柄で行う

葬儀人物

横浜市の葬儀社で、よく行われる葬儀の一つに家族葬があります。家族葬とは、家族や親戚などだけで行う葬儀の方法になります。そのため、仕事関係の方やご近所に住んでいる方などに葬儀を行うと伝える必要がありません。その家族葬を行う方々は、どういう目的で家族葬を行うのでしょうか。その理由として、家族一人一人が故人にしっかりとお別れを伝えたいという方が多いようです。また、親せきが多く、会社の方まで呼ぶと、より葬儀が大変になってしまう場合、家族葬という方法をとることもあるでしょう。家族葬には、葬儀の規模を小さく出来るとともに、故人とのお別れがキチンと出来るというメリットがあります。そのため、葬儀を行う方の中で、人気が高い葬儀方法になるのでしょうね。

火葬と葬儀を一緒に行う

花

故人の方の葬儀を行う時に、直葬と言われる方法をとる方もいるでしょう。直葬とは、告別式やお通夜を行わない葬儀スタイルになります。故人を火葬する際に、一緒に葬儀を行うようです。その葬儀スタイルをとる方には、3つほど理由があるようです。例えば、故人が葬儀を望んでいない場合もあります。それに、金銭的に葬儀社に依頼出来ない方もいるでしょう。また、横浜市などの遠方にて、葬儀を行う為に、直葬をして事前に供養しておくという方もいるようです。それらの理由があるため、直葬という葬儀スタイルをとるのでしょう。直葬にすると、葬儀の手間が減り、葬儀費用の削減にも繋がります。それに、家族間で葬儀についてのトラブルが発生するという事態の回避にも繋がるでしょう。

一般的な葬儀スタイル

合掌する女性

家族や親せき・会社の方・ご近所さん等たくさんの方々に葬儀をすることを伝えるスタイルは、一般的です。それは、一般葬と呼ばれており、お通夜や告別式の際に、多くの方々が訪れる葬儀になり舞す。その葬儀では、香典を頂いた際のお返し品の準備や葬儀に来て頂いた方を持て成す料理など、多くの準備が必要です。その準備は、家族だけでは出来ないため、横浜市の葬儀社に準備をお願いすることもあるでしょう。その際に、様々な事態を想定して、準備しておくようにしてください。どんなケースがあるか分からない場合は、葬儀社の方に相談して、徹底した葬儀の準備を行うようにしていきましょう。

広告募集中