HOME>オススメ情報>世田谷の葬儀社選びのコツと社葬スタイルについて

葬儀社選びの為に…

急に家族が亡くなった際に、どの葬儀社を選んでいいか迷うことでしょう。その際は、口コミ情報などを元に葬儀社を選んでみるのも良いかも知れません。また、実際に葬儀社を利用して良かったという人の口コミ情報もチェックしておきましょう。

葬儀社を利用した人の口コミ

急な葬儀も対応してくれました

急に家族が亡くなってしまいました。葬儀については、決めてなかったので焦りましたが、世田谷の葬儀社が快く対応してくれたので良かったです。無事、葬儀も滞りなく行うことが出来たので、感謝しています。

お世話になりました

闘病中の母が亡くなってしまい、悲しみに暮れる前に葬儀について決めなくてはいけませんでした。その際に、色々サポートしてくれた葬儀社の方には、ありがとうの気持ちでいっぱいです。おかげで、母としっかりお別れすることが出来て、気持ちの整理をつけることも出来ました。

故人とのお別れが葬儀で出来ました

ただ一人の家族が亡くなってしまって、私が喪主を務めることになりました。葬儀について決めごとが多く、悲しみに暮れる時間がありませんでした。しかし、葬儀社の方が故人との写真をまとめた映像を流してくれた際には、思わず涙を流してしまいました。その時、やっと故人が亡くなったという事実を受け止めることが出来た気がします。葬儀のサポートを丁寧に対応してくれた上に、気持ちよく故人とさよならが出来たので、対応してくれた葬儀社の方に感謝しています。

会社が葬儀費用を出す

葬儀小物

社葬とは、勤めていた会社が葬儀費用を出してくれる葬儀スタイルになります。一番良い社葬では、葬儀費用全てを世田谷の会社が出してくれるようです。ただ、その場合、故人が社長や会長の場合に限ります。それに、会社に在籍した期間も関係しています。なので、社葬してくれるか分からない場合は、会社の責任者の方に聞いておくといいでしょう。

ある葬儀費用以外を会社が出す

社葬スタイルには、全ての葬儀費用を負担してくれる以外に、寺院に支払う費用以外を世田谷の会社が負担することもあります。それは、故人が副社長や専務・常務の場合に限ります。また、社長でも在籍期間が短い場合、寺院関係の費用は負担されません。そのため、寺院に支払う費用は、故人の家族が葬儀費用を出すことになります。ですから、社葬を行う前に、会社にどれくらい費用を出してくれるか事前に確認しておいてください。

葬儀費用の一部だけ会社が出す

世田谷の会社では、社葬を執り行うこともあります。しかし、故人が会長や社長ではなく、一般の会社員の場合、社葬費として出される金額は一部だけになってしまいます。それを香典という形で渡すことになるでしょう。ただし、これは元会長や元社長が亡くなった場合も、この扱いになります。なので、故人の方が一般の会社員の場合、社葬費として、どれぐらいもらえるかの相場などをチェックしておくようにしましょう。

広告募集中