HOME>トピックス>埼玉の葬儀社で行っている福祉葬の特徴や条件を紹介!

目次

負担が少なくなる福祉葬

香典袋

埼玉の葬儀社では、福祉葬という葬儀を行うことが可能です。福祉葬とは、主に生活保護受給者の方が喪主になった際に、役立つものになります。生活保護は、金銭的に余裕がない方が受ける制度です。それに、家族が生活保護を受ける方を金銭的にサポート出来ない場合に、そうなるようです。そのため、生活保護受給者が喪主になると、葬儀費用の捻出は難しいでしょう。その葬儀の負担を減らすことが出来るのが、福祉葬という葬儀スタイルになります。市町村が葬儀費用を負担してくれて、生活保護者の負担がかからないようにしてくれるでしょう。

福祉葬を受けられる方の基準

合掌する女性

埼玉にて福祉葬を受けられるのは、生活保護受給者が喪主の場合に限ります。しかし、生活保護受給者以外でも福祉葬が出来る場合もあります。それは、生活保護受給者と同一世帯の方が喪主になった場合です。その場合、世帯が一緒なので、その方も生活保護の対象となるとなるようです。このケースで、福祉葬費を頂ける方が多くなっています。福祉葬費のもらい忘れが無いように、生活保護の担当の方に、埼玉の葬儀のことについて色々質問しておくと良いでしょう。

福祉葬が出来ない方とは?

福祉葬は、生活保護受給者の方とその方と同世帯の場合、行えます。そのため、生活保護受給者が亡くなった際に、喪主になる方によって、福祉葬が出来る・出来ないが決まります。例えば、埼玉に住んでいる生活保護受給者と同世帯だと出来ますが、別世帯だと出来ません。なので、もしも生活保護受給者の方が亡くなった際に、遠縁の親せきが喪主になると、福祉葬は行えないので注意してください。

場所によって違う福祉葬

福祉葬の手続きは、地元の民生委員の方やケースワーカー・生活保護受給者の担当の方・役所の方などに聞いてから行うようにしましょう。ただ、その場合に気を付けないといけないことがあります。それは、市町村によって、福祉葬費に違いがあることです。ネットなどの情報で、福祉葬費の相場を調べても、その通りの費用が渡されるわけではありません。なので、葬儀を行う前に、福祉葬費として出される金額がいくらかを詳しく聞いておきましょう。

広告募集中